読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

自分の頭で考える

こんばんは。たんぽぽです


自分の中で気をつけていることですが、人から聞いた話を鵜呑みにせず、自分なりに情報を確かめてみたり、試してみる、ということを意識するようにしています。

いつもいつも、というわけでは有りませんが、以前は人から聞いた話やネットで読んだことをよく考えもしないで信じ込んでいたことがありました。

私がインターネットに初めて触れたのは大学生1年の頃で、グーグル検索とか本格的に使い始めたのがさらに2年ほど後でしょうか。ネット中毒になり始めたのが、とも言いますね(笑)。その頃の出来事でよく覚えていることがありました。


確か大学1年の時だったと思いますが、歴史の授業でビデオを見せられました。それは「日本軍がインドネシアを占領し、現地の人に過酷な労働を課して、大勢の死者が出た」といった内容でした。その1年か、2年後、私はとあるWebサイトで「日本軍はオランダの植民地となっていたインドネシアを解放し、現地の人に教育を与え、そのおかげでインドネシアは戦後独立できた」というものでした。

当時の私は、後者の「日本軍(というか、大日本帝国のやったことですね)は善」というWebサイトの方を信じました。「なんなんだあの授業は!」とか思ってましたね(笑)


無意識的に生きていると、人間は「自分の信じたいものを信じる」という傾向があります。私はそのへんによくいる(と自分では思っている)日本人なので、日本は悪と言われるよりは、日本は善と言われたほうが嬉しかったわけです。だからそう考えたわけです。

実際のところ、歴史のビデオも、上述のWebサイトも嘘をついているわけではないでしょう。ただし、情報を意図的に切りだして、特定の見方に誘導する意図があることは明らかです。

ぼけーっとしていると、他人の意見を自分の意見と勘違いしてしまうこともあるので、注意が必要ですね。よく吟味したうえで、賛成するのならば良いのだと思います。


ちょっと堅苦しい話になってしまって申し訳ありません。


ここまでお読み頂きありがとうございました

常に意識を明晰にして生きていきたいものです