読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

運動すると良いかなあ

こんばんは。たんぽぽです。

ネガティブ状態の利用法

昨日は少し持ち直したのですが、今日はまたちょっとローテンションでしたね。ブログの内容も、今月中はこんな感じかも。連日まとまりがなくて申し訳ありません。


状態がネガティブだと、自分の中の認めていない部分(自分が否定している部分)ばかりが目につくのですが、これは実はチャンスでもあります。と、いうのは自分で否定している部分は、通常は見ないようにしているので、気が付くことすらないからです。気が付いていなくても、否定的な思考や認識がなくなったわけではないので、無意識に自分の行動に影響を与えています。


対人関係において自分が嫌いな人というのは、多くの場合認めていない自分自分の投影である。という話を聞いたことはあるでしょうか?いわゆる影(シャドウ)という概念に近いです。否定的な感情に気づかないでいると、対人関係でそれが噴出してきたりもするわけですね。


自分の中の否定的感情に気づいていれば、その感情に支配されることも少なくなり、その感情から離れる選択肢もでてきます。そういう意味でチャンスなわけです。

運動?

と、思いついたことをダラダラと書きましたが、昨日今日と、また自分の何が問題なのかなぁ。と考えていたのですが。ふと「運動すると良いかなあ」と思いつきました。


人生と運動の関わりについてとか、そういうことを語る知識も経験もないので、特に深く書きませんが、こういう「いきなり出てくるアイデア」というのは正解のときが多いので、メモ代わりに書いておきます。ややタイトル詐欺気味で申し訳ありません。

現状を認める

冒頭にネガティブ、と書きましたが、私の今の状態は結構ネガティブですね。ただ、(世間的なことはさておくとしても)自分のネガティブ状態を認め、把握し、無理にポジティブに振る舞おうとしなくなったこと。ネガティブであっても、そのネガティブに完全に支配されず、その状態を利用しようできること。に喜びを覚える部分もあります。


久々に強い落ち込み状態になったことで、返ってそれを受け入れるチャンスを得たのかもしれません。これも「ニュー・アース」を読む過程で『意識』の力が強まったせいでしょう。そういえば2巡目を読もうと思って忘れてました・・・


ここまでお読み頂きありがとうございました