読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

オナ禁日記 (暫定)2日目 229日をふり返る

こんばんは。たんぽぽです


オナ禁日記(暫定)2日目です。
今日は振り返りをします。長いです。

現状

昨日~今日まで、特に性的衝動に悩まされることはありません。ずっとオナ禁していたせいか、脳に「エロを見てもOK」「オナニーしてもOK」と許可を出しても、あまり反応が良くないですね。


とりあえず、「本当に体が射精を欲しているだろうか」と思って観察を続けているのですが、やはり疲労を感じた時、ストレスを感じたときに、そこからの逃避・回避のためにエロを欲する、というパターンが殆どのようです。

振り返り 期間による変化を見るために

ちょっと手間がかかりますが、せっかく半年以上オナ禁したことですし、変化があったかどうか分析したいと思います。私はせっかく本を読んだり、講座を受けたりしても、それっきりにしてしまってあまり血肉にならなかった。という「やりっぱなし」が多かったので、フィードバックのためにも振り返りをしようと思います。


1日目~ ブログとほぼ一緒に開始
1日目は2/16。ブログに書き始めたのは、むしろ自己開示が目的でしたが、結果的にモチベーションの維持につながりました。自分の変化を後から振り返りやすいですし、やはりオナ禁にブログはお勧めですね。


14日目~ オナニーのパターンに気づく
このあたりから、記事の最初にも書いた、『疲労を感じた時、ストレスを感じたときに、そこからの逃避・回避のためにエロを欲する』というパターンに気づき始めたようです。漫然とオナ禁をするのではなく、(ブログネタにも使うので)、意識的にオナ禁をしていたことが効いたのだと思います。


30日目~ エロ禁に挫折
このあたりで、PCのエロフォルダを削除しようと思いつつ、エロ禁を試みますが、この試みは3、4日くらいで挫折した、というかうやむやになったと記憶しています。以降、多分1日に短ければ0分、長いと15分~30分くらいエロを見ていたと思います。63日目に夢精(人生で2回目)を経験しましたが、原因はよく分かりません。


72日目~ エロ禁に葛藤する
再度、エロ禁を試みています。前回と違って、長続きしますが、ホテルの宿泊、家で一人になるなどした際、折に触れて噴出するエロ・オナニーへの衝動に悩まされてします。射精直前まで行く場面も、この時期にはありました。ちなみに、229日間のオナ禁で、射精感を感じるギリギリまで行ったのは5回くらいだと思います。


100日目~ 自己コントロールテクニックの応用
このあたりはエロ禁がちょっとうまく行っているようです。「スタンフォードの自分を変える教室」で学んだテクニックがようやく身についてきたのかもしれません。この本は自己コントロールに関して非常に分かりやすく書いてありますので、オナ禁をする方には大変おすすめです


115日目~ ネット減の試み(1)とエロ禁の破綻
このあたりで、私の生活の最も大きな問題、インターネット依存に取り組み始めます。自己コントロールに関する意識が高まってきた理由の一つには、オナ禁にもあるかもしれませんね。一方で、問題の本丸だけに、その抵抗は熾烈で、強いストレスによって意志力が限界に達し、エロ禁は破綻します。


140日目~ ネット減の試み(2)と安定期
140日目にブラウザゲームを一つ止めました。正直に言うと、もう時間がかかりすぎてどうにもならん!という状態のためですが、これは一つの自信になりました。エロはほぼ毎日ちょっとずつ見ていました、オナニーの衝動はほぼなく、この時期は安定していたようです。


164日目~ 性欲を認め始める
この時期に性欲というものを「認める」ということを記事にしています。長いことオナ禁をして、性衝動に盲目的に従う状態から離れたこと。また、エロ禁がなかなか難しいことから、むしろ性欲を客観的に見つめるようになったこと。そういったことから、自分(の肉体)に付随する性欲というものが、『あって当たり前』と思えるようになってきたのかもしれません。


182日目~ エロ禁の開始(3)のその進展
意図的に開始したわけではないのですが、この時期に自分の仕事の環境を変えるために色々と動き始め、その過程でエロ禁をするようになりました。自分がエロ禁状態になっているのに気づいたのは1週間くらい経った後です。ある意味において、エロ禁・オナ禁にはエロ・オナニーよりも夢中になれることを始めるのが一番かもしれません。

なお、198日目の記事を読みかえしていて気づいたのですが、この時期には特にエロ等を見なくとも、性的衝動を感じることがあったようです。それが、ポルノを見る習慣によるものなのか、見なくても出てくる性的衝動なのか分かりませんが、エロ禁の影響はあったようですね。

212日目には、エロ禁で得た自信を持って、PC内のエロフォルダの全削除を完遂しています。これは執着心から離れたからこそなしえたことですね。正直、オナ禁開始と同時にこれができる人は尊敬します。


215日~ ストレスの再来と逃避先の喪失
215日に強いストレスを感じたことにより、この頃はやや精神的に不安定になっています。エロ禁がほぼ習慣化しており、逃避先が見つからないため、今振り返ると、結構きつかったのかもしれません。そのこともあってか、220日あたりからエロ禁が崩れ始め、ストレス時にグラビアを数秒見たり、妄想したりします。


222日目~ 生活リズムの改善に成功 ネット減の試み(3)
その混乱の中。222日目に見た夢をきっかけとして、日中はネットを最終限度しか使わないという生活習慣の改善を断行します。この変化は大変な作業効率の改善と、自信の増大につながり、私の人生展望を一気に明るくしました。


227日目~ エロ禁ほぼ崩壊
227日目の夜に、いわゆるエロゲーではないのですが、セクシー要素のあるゲームの動画を見つけ、それを見ます。そのフラッシュバックに悩まされ、229日目の夜にそのゲーム動画を見た後、別のエロを見て、性的に興奮、射精に至りリセットとなりました。(昨日の記事冒頭)

振り返りを行って

案の定時間がかかりましたが(1時間半)、振り返りをして思ったこと。第1に自分はすごく頑張ってきたんだな。ということ。そもそもポルノ依存になってない人や、意志の強い人から見ればどうってことのない話なのですが、それでも自分で7か月半をふり返ると、葛藤の中で、ジリジリと、まるで這うように、よく頑張ったと思います。


振り返りをする前までは、結局リセットしたなあ。という虚脱感が強かったですが、こうして振り返るとその時その時で最善を尽くしていたことがよく分かります。私はタバコを吸わないので、禁煙に苦しむ人の気持ちなんて考えたこともありませんでしたが、今ならその葛藤が分かる気がします。


第2に、たくさんの気づきと成長を得たこと。私のブログを読んでくださっている方や、同じようにオナ禁に取り組む方たちがいると知ることができたのも大きいですね。私は、オナ禁に限らずいろいろなことをやっていますが、オナ禁をしている中で得たことも少なくないです。その時に気づいてブログに書いて、そのまま忘れてしまっていたこともありましたね。


今回のように時系列で見て、初めて気づくことも多いです。一定期間のオナ禁の後でリセット”してしまった”という方は、ショックから落ち着いてきたら、是非振り返りをされることをお勧めします。きっと「やっぱりチャレンジして良かった。無駄じゃなかった」と感じられるのではないでしょうか。


長くなりましたが、振り返りは以上です。


ここまでお読み頂きありがとうございました。