読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

オナ禁日記 (暫定)53日目 「失敗」の取り扱い

こんばんは。たんぽぽです


オナ禁日記(暫定)53日目です。
現状記録等

状況

現在は特にオナ禁・エロ禁はルールとして行っていません。が、あまり積極的にオナニーをする理由もないので、そろそろ(暫定)を外しても良いかもしれません。タイトルが長くなりますし。


10/1のリセット後一週間くらいはムラムラが強かったと思いますが、オナニー習慣が外れていたため、結局その後射精することはありませんでした。リセット後には、やり方を変えずそのまま再度オナ禁!というのも芸がないと思って一旦オナ禁・エロ禁をルールとして外したのですが。


以前に書いた通り、オナ禁・エロ禁の看板を外したことで、かえってリラックスしたのかもしれませんね。

エロ禁が破れた時


www.stoicman.site


約一週間前に、stoicmanさんの記事と、そこにリンクがあった心理学者 Gary Wilson(ゲリー・ウィルソン) 氏のポルノ依存症に関する記事(※お勧めです)を読んで「なるほど確かに」を思ってから、意図的にエロ禁をしていたのですが、昨日夜に昔の映画のヌードシーン(静画)をチラッと見てしまい、今日の午前中はそのフラッシュバックが軽くありました。


以前はこのフラッシュバックに「ああ、フラッシュバックが起こってしまった!」と反応していたものですが、ここのところはずっと自己解析をしていて、意識が比較的明晰なこともあってか、「ああ、見た者を思い出したのだな」と、スッと流すことができました。


言葉での表現が少し難しいのですが、エロ禁を試みている際に、衝動や習慣を抑えられずポルノを見たとしましょう。その際に「ポルノを見てしまった!」と後悔し、自分を責める場合があると思います。しかし、こうした後悔・自己批判は強いストレスを与えますので、どちらかというとエロ禁に必要な意志力を減退させ、逆効果となります。このあたりは『スタンフォードの自分を変える教室』に紹介される「どうにでもなれ効果」として以前記事にした通りです。


自分を責める思考パターンから離れ、意志力が最大限発揮できると良いのだな、と感じる次第です。

見えないストレスの影響もある?

一昨日あたりから、微かにムラムラすることがあり、はてストレスか?と思っていたのですが、昨日からは少しお腹の調子も微妙です。自分のずっと放置していた問題に取り組む際のストレスが反映されているのかもしれません。


逆に言えば、そういったストレスになる領域(いわゆるコンフォートゾーンの外側?)に切り込んでいるということでもあるので、うまくストレスをいなしつつ、生活をしていきたいですね。


ここまでお読み頂きありがとうございました。