読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

趣味と情熱

気になる言葉

tmkn-skywalk.hatenablog.jp

昨日、tamakinさんのブログを読んでいたのですが、気になったフレーズがありまして。ちょっと主題からはずれているのですが、

「私生活も、趣味に打ち込む事を心がけているとかなり楽しいです」

という文章なのですが。「自分は趣味に打ち込むことができているだろうか・・・?」と思ったのですね。

これ、趣味かな?

仕事をしていない時の私は、ネットするか、本を読むか、たまにゲームするかくらいで。あまり「趣味」という感じのものがない気がするのですね。ネット・読書・ゲームは趣味ではないのかと言われると、そんなことはないと思いますが。私にとっては、いまいち「趣味です」と言えるほどでもないような・・・


多分、この原因は2つあって。1つ目は読書はともかくネットやゲームは世間一般で「それは素敵な趣味ですね!」と言われるコンテンツではないこと。(少なくとも私がそのように認識していること)


2つ目は、冒頭で私が気になったように、趣味に”打ち込む”というほどの『情熱』を持って、それらに接していないことではないかと思います。

仕事に飽きた?

いささか話が飛ぶのですが。最近は日中にネットをすることを避けて、夜更かしも止め。新しい自分の生活、仕事の設計に向けて邁進しており(自分で言うのも何ですが)、結構充実した日々を送っている。はずだったのですが。一週間を過ぎたあたりから、何か調子がおかしい感じがありまして。


作業を始めると楽しいのだけれど、なんだか楽しさが薄い気がする。という、自分でもうまく把握できていない違和感がありました。それで「もしかすると、やりすぎて飽きてしまったのかもしれん」と思い、一昨日は町に出かけてちょっとした買い物をしたり、プラプラしておりました。

情熱を感じられる趣味が欲しいのかも

仕事(というか仕事の準備ですが)は仕事で楽しいのは良いのですが、少なくとも現状ではそればかりやっていると飽きるようです。


その際には違うことをしたほうが結果的に効率が良い、と思うのですが。その際に『情熱』『喜び』をあまり感じられないというのは、あまりおもしろくない気がします。ここ10日ほど、『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』を読みながら、自分の人生計画と、仕事について大きな練り直しを図っており、来春くらいには眼に見える形にするつもりなのですが。その中で、自分の人生の中で『趣味』はどんな存在であるのかについても、考えてみたいと思っています。


ここまでお読み頂きありがとうございました。