読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

ネット制限のための習慣プラン

こんばんは。たんぽぽです

知識と計画の大切さ

昨日の記事の通り、ネットとゲームに費やす時間を減らすべく、習慣改善を始めました。去年もネットを減らして夜更かしをやめようとしたことはありましたが、漠然と「やめよう」と考えただけで、それを「習慣にしよう」とは考えませんでしたね。


また、「習慣化には時間がかかる」「当然失敗することもある」という認識を持っていなかったため、一度崩れた後は罪悪感や自己嫌悪からなし崩し的にチャレンジが崩壊していきました。適切な予備知識と、計画(プランニング)がいかに大事から身に染みて感じさせられるところです。

「具体的な」対策

さて、昨日書いた、やめるための「具体的な行動」ですが、基本的には『「やめる」習慣』で提示されている対策を、自分にあった方法で行うものになります。詳細に解説するとそれだけで一週間分のブログ記事になってしまうので、ざっくり書きますが


<たんぽぽのネットとゲーム制限プラン>
(習慣行動)
ネット・ゲームの利用を20時~24時の間に限定する
※時間は追々減らしたいところ

(欲望に打ち勝つ準備)
①心の体力を高める
・毎日7時間以上寝る
・不要なものを毎日捨てる

②骨太の理由をつくる
・危機感:無目的にネットに時間を浪費することで、自己実現がどんどん遠ざかる
・快感 :生活に主導権を取り戻し、明晰な意識で行動できる
・期待感:自己の向上に時間を使うことで、新しい仕事を軌道に乗せ、自信を取り戻せる

③スイッチング行動を決める
・本棚で待機している、まだ読んでいない本を読む
・深呼吸、5分瞑想、ラジオ体操でリフレッシュする

(ロードマップ)
●禁欲期(1日目~7日目)
①誘惑を絶つ環境を作る
・モデムの電源を引っこ抜いておく
・使用時以外はPCをスリープ状態にしておく
・デスクトップからゲームを削除する

②行動を見える化する
・エクセルに結果を記録する(以前からやってます)

③投げやりに上限をつくる
・ストレス等でやめられない時も、+1時間までにする
・1分オーバーする毎にスクワット1回

●無気力期(8日目~21日目)
①必勝パターンをつくる
②例外ルールをつくる
③モチベーションを高める

●倦怠期(22日目~30日目)
①刺激を取り入れる
②次の習慣を計画する


その他ルール
・1分オーバーする毎にスクワット1回


こんな感じで、習慣化を行う際に生じる落とし穴にはまらないよう。また、はまってもすぐに抜け出せるように、いくつかの対策を考え、毎日それを確認するようにしています。無気力期と倦怠期のプランは、禁欲期の体験を踏まえて作成するので、まだ空欄です。詳細にご興味あるからは本を買ってみてくださいね。定価1400円、中古だと送料込みで600円くらいで買えるようです(amazonだと)

自己改善に時間と労力を割く

私は綿密な計画を練るのが面倒で避けていたところがありましたが、一部の習慣は非常に強固で、ある程度計画的にやらないと帰るのは難しいようです。きちんと時間を確保して、目的にフォーカス。具体策を考えるということを改めて学んでいる感じです。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣


 ~~


なんでもおなやみそうだんコーナー受付中です

詳細はこちらの記事を参照くださいね

tanpopo8787.hatenablog.com