読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

より大きな目的のために 1

こんばんは。たんぽぽです

退職してから早4年

今日から7月ですね。私が勤めていた会社を退職したのが2012年7月だったので、もう4年も経ったことになります。はやいものです。昨晩の就寝前に、そのことに気づいてちょっと吃驚しました。


退職したときは特にこれといったことをやろうと思っていたわけではありませでした。ただ、別の会社に勤めるという気はなく、自分で何かをやろうと思っていたのは確かです。


機会があれば書こうと思いますが、自分が受けたのをきっかけで(退職当時は結構自己評価が低い状態で、知り合いに何度かお世話になりました)カウンセリングやセラピー、心理学の勉強をしました。それが2013~2014年くらい。2015年頭くらいには自己評価も相当回復していましたね。

行動が長続きしない?

日記を見返してみると、昨年(2015年)の夏はWebの勉強などを頑張っていたのですが、ホームページ作成ソフトを買って使い方を勉強し始めたあたりでモチベーションが低下して投げっぱなしになってしまったようです。


4/10の記事にも書いていましたが、全体性があって、なおかつ自分のモチベーションを強力に引き出してくれるような目標、あるいは「そういう状態」がないと、何にしても長続きせず、事業を起こしたりするのは難しいのかもしれません。少なくとも私の場合は。

tanpopo8787.hatenablog.com

「カタチ」を創るという作業へ

私は自己改善に強い興味を持っているのは、社員時代に感じた葛藤、閉塞感、絶望から脱しようとしたことに端を発しています。しかし、そういった苦しみの状態からある程度抜け出してみると、自己改善は可能性の探究につながっていて、人間本来の力を引き出すものであることに気づきました。それを探究していくことは実にわくわくする作業です。


とはいえ、当初3年くらいで小さな個人事業くらいつくれるだろうと思っていたのが、4年たってもホームページすらないという状態なのはちょっと頂けない。もっと「見える形で」成果を出したい、とそんなことを昨晩考えました。


次回に続きます


ここまでお読み頂きありがとうございました