たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

オナ禁日記0日目 もっと前にも原因がある

こんばんは。たんぽぽです

翌日リセット

昨日リセットしたばかりなのですが、本日も同じようなシチュエーションでリセットに至りました。何が嫌って、2日連続で「オナ禁日記0日目」とタイトルに書かなければならないのが嫌です。いや別に書かなくてもいいんですけど。


自分でその感情に”気づいて”いる状態にあれば大丈夫ですが、「うわー情けねぇ、かっこわりぃ」という他者を気にする感情が暴れると大変なストレスでした。逆に言えば、単純にオナ禁のみを目的とする場合、初期のうちはこの羞恥心とか、罪悪感をストッパーとして利用するのはありかもしれません。長期的には潜在ストレスになるのでお勧めできませんが。

リセット前後の内観

さて、本日はリセット直後だったのでほとんどムラムラはありませんでした。が、昨日記事に書いた『オナニーをしたくなっているその時にフォーカシングをする』作戦のため、微かに体の中にある欲求に対してフォーカシングを行いまして。


結果、いくつかの新発見があったのですが、結果的に欲求に対する脱同一化が途中で乱れ、妄想→リセットに至ってしまいました。ちょっと自分のオナニー中毒を甘く見てましたね。妄想に入り込みすぎるのも意図的に禁止したほうが良いかもしれません。

「ストレスの中身」の発見

リセットの前。リセット直後。リセットから1時間半ほど後に行った全体的なフォーカシングによる内観の3つから、以下のような洞察を得ました。


リセット前のフォーカシング。昨日と同じくお腹に熱のような感覚がある。これとは別に、胸のあたりにぼんやりした違和感が存在する。この胸の感覚には「不安」「焦燥感」が含まれる。


何についての「不安」かはこの時は分からなかったが、その後のフォーカシングで主に「起業準備がゆっくりしていてなかなか形になるところまでいかない」ことに対する不安・焦りであることに気づく。この不安・焦りは日常生活の中では巧妙に見てみぬふりをしていて、結果的に感情が抑圧される形となっていた。


このストレスがエロへの逃避・オナニーを誘発する慢性的な原因のひとつになっているようです。

視野を広く

オナ禁について考える時、ついつい性欲・オナニー依存を中心に考えてしまうところがあり、ストレスが大きな原因と分かってしても『では、具体的にどのような経緯でストレスが発生しているのか』そして『どうやってそれを解消するのか』に目を向けるという発想がありませんでした。


気づいてみれば当たり前の発想なのですが、何か問題に直面していると視野が狭くなりがちなようです。今回の洞察を踏まえ、日々のタスクの優先順位見直しとかも考えてみようと思います。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

オナ禁日記0日目 実感として観えてくる

こんばんは。たんぽぽです


また長くなってしまいました。すみません

7日目でリセット

本日、体感トレーニング後に一息ついて、薄着でぼーっと妄想している間に射精し、リセットとなりました。せっかくですので、前回のオナ禁記事からの動向などもまとめて書いてみます。


昨年リセットした後はまだ「オナ禁は良いこと、オナニーは悪いこと」の思考の支配下にあったので、その後一度もリセットせず長期のオナ禁が続きましたが、今回は思考がフレキシブルになった分、無意識下のオナ禁思考自体は緩くなっているようですね。

リセットまでの内観

フォーカシングを活用した内観はほぼ毎日行っているのですが、オナ禁関連以外にも感情的にひっかかることはいくらでもあるので、そちらを優先しがちになっています。別に常時ムラムラしているわけでもないですからね。


そんな中、一昨日の就寝後にエロ妄想をしたい気持ちがあったので、これについて眠りに落ちるまでの間フォーカシングを行うことにしました。この際、この「エロ妄想したい感覚」に対してフォーカシングをすることに抵抗があったので、この「抵抗」に対してフォーカシングを実施。うまくできなくても、あらゆるステップからアクセスできるのがフォーカシングの強みです。


眠い中でやってることもあって、体感の他にイメージも入り混じるややカオスな感じになりましたが、なぜか「性欲・性行為に関する否定的な感情と思考」が浮かびあがってきまして、それと受容的態度で向き合いました。この感覚はいままではっきり確認したことがなかったので、また新しい感情を見つけた感じです。この取り組みはまだ継続中。

リセット後の体感の確認と洞察

リセット後、読書に移ろうとしたのですが、微妙に集中がしずらいので、体感にフォーカシングを実施。性器からお腹にかけて熱を持っているような感覚と共に、胸のあたりでなにかパチパチと弾けるような感覚があります。しばらく受容的にそれと向き合っていると、感覚が弱まってきたので15分くらいで終了しました。


この間に得た洞察としては
(1)リセット後に残っている体感は、射精前~射精時の感覚の残り火のようなものらしい。この感覚には他のフォーカシングプロセスで見られるような「感情」は感じられず、単純に肉体的な作用・生理的なもののようだ。
(2)読書に移ろうとした際に、「リセットをしてしまったことで、自己価値が低下したことにショックを受け、読書(という価値ある行動をとること)によって、自己価値の回復を図ろう」という無意識下の思考があった。この思考には「恐れ」「焦り」という感情が主に伴っている。


と、いったところです。(※一応お断りしておきますと、これは心理学とかの知識とかからの引用、いわゆる精神分析ではなく、すべて自分の「体感」から情報を引っ張ってきています。なので、他の人も同じかどうかは分かりません)

今後の作戦

以上から、射精後の体感からはオナニー依存のパターンにアクセスすることは難しいので、オナニーをしたくなっているその時にフォーカシングをすることが望ましい、という推察ができます。(当たり前と言えば当たり前ですが 笑)


また、(2)の洞察から、いまだに「オナニーは悪」それに連なって「性欲は悪」という思考がいまだ無意識に根付いていることが確認できました。6/17の記事で、性欲を昇華してどうのこうの、ということを書いていますが、裏を返すと昇華していない性欲は無価値である、という思考が存在しているようです。


以上から、オナニーへの衝動が高まった時にフォーカシングを行うことで、オナニー依存の無意識パターンをさらに把握すること。「オナニーは悪」の思考を掘り下げ、より自然な形にバージョンアップすることを今後の目的にしようかと思っています。


長文、ここまでお読み頂き、ありがとうございました。





追記:着実に自分が進歩しているのが分かるのに、リセットするとカウントが0日目に戻ってしまうのはやっぱり妙な感じがします。


『1年間エロ禁・オナ禁してみるブログ』さんのような感じで

オナ禁開始から通算 ~~日目
最後の射精から ~~日目
最後のエロから ~~日目


みたいに記録するのが良いじゃないかな、と思ったり。


あと、食事の変化とか、瞑想の記録とかつけると、さらに自分の変化が分かりやすいと思います。


shinchiron.hatenablog.com

過去を活用する「考え方」

こんばんは。たんぽぽです

過去の自分の気づきに気づく

今日、ちょっと思うところがあって、以前心理学講座を受けさせてもらった先生のWebサイトを見ていました。


なかなか気まぐれ、もとい変化を続ける方で、当時とはまた違ったアプローチでWSを開催されているようです。そんな中、「講座の感想コーナー」で2年半前に自分が書いたものを見つけて読み返したのですが、『ネガティブな感情も、理由があって存在している。要らない感情など存在しないと分かってきた』的なことが書いてありまして。


実はここ2週間くらいでこのことが身に染みて分かってきて、しめしめ、と思っていたのですが。「やべえ、最近気づいたと思ったらこの時すでに分かりかけてるじゃないか。せっかく学んだことを忘れて再発見したことにも気がつかなかったのか?」と、2秒くらいがっくりしました。

過去とその活用 ~考え方が大切~

このことに関しては、おそらく講座中のセッションを経て気づいたこので。私がその後、その気づきを身につけることなく忘却してしまったのは事実だと思います。講座中しか講座のことを考えない、という当時の私の悪癖によるものですね。別の言い方をすれば、学んだことを習慣化できなかったわけです。


しかし、そのことにがっかりしても特にいいことはないのですよね。感情のみならず、失敗と呼べる体験はあっても、それを活かせばよい。失敗体験はあってもネガティブな体験は存在しない。(失敗は存在せず、経験・データが存在するだけ、という表現もありますね)そういった「考え方(パラダイム)」こそが、人生を良い方向に引っ張っていきます。いかにその考え方を身に着けるかこそが課題と言えるでしょう。

鍵はやっぱり習慣化?

当然、じゃあどうやってその考え方とやらを身に着けるんだ、という話になりますが。話が広がりすぎるので、今回掘り下げるのはやめておきます。


と、いうのもあんまりですのでちょっとだけ。「考え方(パラダイム)」という言葉で気が付いた方もおられるかもしれませんが、超有名な『7つの習慣』などは、かなり役に立つツールとなるのではないかと思います。人生で読んだ本の中でベスト30くらいに入りますね。これはベストセラーになるわけだ。と読んでいて感じました。


7つの習慣』というタイトルがそもそも秀逸ですよね。つまり、7つの要素を”習慣化”することで人生がいい感じになるよ、というのが著者、コヴィー博士の主張なわけです。やはり、知識を得るにとどまらず、それを身につけて、つまり習慣化してこそ意味があるのだということでしょう。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

あやふや記憶 ~遠い日のわんこを想う~

こんばんは。たんぽぽです

雨降り

今日は割と全国雨降りだったようです。九州はもう上がったのかな?朝から寒く、微妙に調子が振るわない感じでした。


作業への集中力も、低いとはいかないまでもちょっといまいちで。そんなおり、ふと昔の写真アルバムを見つけて、30分くらい見入ってしまいました。

発見

私の父は写真が趣味で、私が小学低学年くらいまでは結構な量の写真が残っています。その中に、小学2年生の時の旅行先の写真を見つけたのですが、その写真の中の私は大きな犬(ハスキーっぽい)と戯れていました。


この犬のことは割と覚えているのですが、「大きくて怖い犬がいた」という記憶だったのですね。しかし、写真の中の私は明らかに楽しそうにしています。果たしてどういうことなのか、と首をかしげました。

記憶の改ざん

連鎖的に思い出したのが、確か小学4年生くらいの時のこと。近所の広い空き地(新築住宅地とするために、田んぼを埋め立てたひろーい土地がありました)で、大型犬に追いかけられたことがあったんですね。


この時は怖いというか、大変パニックになって、以降犬が若干苦手になった節があります。おそらく、この時の記憶・感情と前述の2年生の時の記憶が合成・上書きされて、「旅行先に大きくて怖い犬がいた」というふうになってしまったのでしょう。


元々、人の記憶がそこまであてにならないということは認識していましたが、自分で体験すると、改めて脳のフレキシブルさに驚きますね。写真の話は25年以上前なので、あの人懐こいわんこはもう生きてはいないだろうと考えると、ちょっと寂しく思います。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

早起きの習慣プラン

こんばんは。たんぽぽです

次は早起き

ネット制限の習慣化に成功しましたので、次の習慣化として早起きを選びたいと思います。ネット制限30日を迎える前に、次は早起きだな、と思ってはいたのですが『「やめる」習慣』と同じ作者さんが書いた『「続ける」習慣』を読み終わってから、と思い、やや間が空いてしましました。


昨日の記事の通り、短・中期目標がない空白期間があると、意識にも空白の期間ができてしまうことがあるようなので、せわしないようですが、なるべく間をあけないように次の目標を決めておいたほうが良さそうですね。

習慣プラン

今回も、事前に計画を立てて習慣化を実行します。早起きは「身体習慣」なので、3か月をかけて習慣化していくと良いみたいです。


<たんぽぽの早起き習慣化プラン>


(内容とビジョン)
習慣内容:毎日、朝6時に起床する
ビジョン:
6か月後 → 朝の光をあびて1日の始まりを堪能している。午前に使える時間が大幅に増え、ゆとりをもって行動している。新しい仕事の順調に立ち上げに成功し、希望を新たにしている
3年後 → 仕事が軌道に乗り、経済的に安定している。自分のできること、やるべきことの新しい境地が見え始める


(ロードマップ)
●反発期の対策(第1週~第3週)
①ベビーステップで始める
現在の9時起き→8時半起きに移行する


②シンプルに記録する
就寝時刻、起床時刻をエクセルに記録する(以前からやっている)


●不安定期の対策(第4週~第7週)
①じょじょにハードルを上げる
第4、5週:8時起床
第6、7週:7時半起床


②パターン化する
7時間睡眠を基本として、前日の就寝時間を守る


③例外ルールを設ける
就寝が遅くなりすぎた場合、6時間睡眠で計算する
また、翌日の日中の休憩(10分睡眠等)を許す


④継続スイッチをセットする
2週間毎(30分起床を早くする毎)に、コーヒーショップかレストランで、普段注文しない「ちょっと高いもの」を頼む(ご褒美、遊び心)
ネット・ゲームの終了時刻を24時から23時半にする(悪魔払い)
15分以上の時刻超過に対して、1分毎にスクワット1回(罰ゲーム)


●安定期の対策(第8週~第10週)
第8、9週:7時起床
第10週:6時半起床


①自分ハードルを守る
7時、6時半の起床となるので、24時半就寝を守る


②小さな成長を楽しむ
午前中の時間利用を振り返り、生活効率のアップを実感する
時間利用を数値化する


●倦怠期の対策(第11週~第13週)
第11週:6時半起床
第12、13週:6時起床


①変化をつける
翌日の目覚めのために、24時就寝をする、と就寝前に確認、イメージする
ラジオで6時半からのラジオ体操を行う(第12週より)


②次の習慣を計画する
ジョギングを予定



こんな感じ。実際にやってみて不足・不具合があれば随時改良していきます。

なんとなくの生活習慣を、自律した生活習慣へ

会社に勤めていた頃は6時~6時半に起きていましたが、会社を辞めてからは起きるのが結構遅くなってしまいました。やめた当初は8時半くらいに起きてたような気がしますが、ネットで夜更かしが習慣化してからは10時起きが普通になってしまいまして。これはいかんと思いつつ、習慣に抵抗できないでいました。


ネット制限とそれに伴う早寝に成功してからは9時起きにシフトできていますので、2週間おきに更に30分ずつ起床を早くしていく計画です。3か月と眺めのチャレンジになりますので、注意深く自分の状態を観察していこうと思います。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

オナ禁日記2日目 目標の力とか、自己評価とか

こんばんは。たんぽぽです

体調観察

2日目。昨日のぼやーっとした感じはほぼなくなり、集中力もかなり戻ってきました。昨日は感じられなかった、ここ一か月の「頭の冴え」も今日は出てくる感じで一安心です。正直言うと、戻すのにすごい時間かかったらちょっと困るなー、と思ってました。


また、昨日と違ってエロイメージは全然わきませんでしたが、代わりに体感としてちょっとムラムラというか、ムズムズのようなものがあります。体力(精力)が回復してきたのでしょうか?

続・リセットの原因分析 ~目標設定の力~

一昨日の記事でかなり長々と書きましたが、いくつか書き忘れていたことがありまして。その一つが「緊張の糸が途切れたこと」と「不安感」です。


リセットの前々日、「ネット制限の習慣化30日」を達成しまして。そのことはブログ記事にも書きましたが、その翌日、もやもやとした不安感を感じていました。30日というのはあくまで習慣化のための目安であるのですが、無意識的に30日やりとげることを目標にしてしまい。やり遂げたことで、緊張の糸が切れ。また、目標喪失による不安な状態ができてしまったのだと思います。


短期・中期的な目標がなくとも、常に不動のメンタリティを築きあげるのが個人的な人生目標ではありますが、やはり形のある目標と言うのは人間にモチベーションを与えてくれるものなのだな、と実感しました。


そういう意味では、長期的な目的を見据えたうえで、短期・中期的な目標を絶やさないようにする。というのは人生の質を上げる一つの戦略と言えるかもしれません。その場合、まず目的の選択が重要になることは言うまでもありませんね。

副次的発見 ~自己価値の決め方~

もうひとつ。リセットの前日、感情爆発を体験したと一昨日の記事で書きましたが、これに付随して発見したことがひとつ。


ここ一か月、私は多くの時間を学習や仕事に使うことができましたが、その行為を自己価値に強く結びつけすぎていたこと。極端に表現すれば「自分は時間を有意義に使っているからこそ価値がある。遊んでいる時間の自分には価値がない」と、全く気が付かないうちに考え、自分を追い込んでいたようなのです。


この思考が、無意識のうちに自分にストレスを与え、前述の感情爆発の一因になったと思われます。無論、学習や仕事は大切なのですが、自分の一要素を自己認識・自己価値と結びつけすぎると思わぬ落とし穴につながることを身をもって体験しました。


全体のバランスを観察しながら生活を送る、という観方が必要なのかもしれません。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

オナ禁日記1日目 オナ禁?脱オナ?

こんばんは。たんぽぽです

体調観察

昨日、不意にリセットしてからの翌日。いつもより少し気をつけて体調の観察をしてみました。ここ一か月はネット制限がうまくいってハイになっていた感じなのですが、その感覚がずいぶん変化したように思います。


ざっくり言うと、昨日に引き続いて、体と意識がややぼやーっとしている。注意力・集中力が落ちている感があります。また、不意に浮かぶ雑念からエロ関係の妄想に派生する率が、昨日までに比べるとかなり高くなっているようです。このあたりはストレートにリセットの影響と考えてよさそうです。


体感としてムラムラする、というのは全くないのですが、脳が別途エロを必要とするスイッチを入れているような感じ。テレビの主電源入れてないのに、リモコンだけ押してるみたいな雰囲気で、結構妙な感覚です。引き続き観察を続け、どういうタイミングで注意力が復帰するか確認したいと思います。

「禁止」という言葉

私個人の感覚なのですが、「禁止」という言葉はあまり好みではありません。抑圧とか、強制といった無理やり、力任せなニュアンスを強く感じるからです。オナ禁、だとあくまでオナニーをすることを禁止してるだけ、みたいな感じもしますし。


ただ、オナ禁という言葉はすでに相当に浸透していますし、私も使い慣れてしまっているので、ちょっと難しいところです。もっとしっくりくる言葉はないかなー、と考えています。脱オナ?卒オナ?うーん。


そんなわけで、タイトルは相変わらず「オナ禁日記」です。

性欲さんこんにちは

性欲と向き合う、ということで。最初のステップは「性欲を悪いものと考える」ことをやめることです。あくまで私の場合ですが、無意識下に「性欲は悪」という思考が存在するのを感じます。これは、オナ禁もさることながら、性的なものをタブー視する文化的な影響が大きいでしょうね。


自分の専門分野でもあるフォーカシングを活かして、「性欲(ムラムラする感覚全般」と、「性欲に対する罪悪感」「抑圧する思考・感覚」などを探り、それらすべてを自分自身の内的エネルギーとして統合することが最終目的です。どのくらいかかるか分かりませんが、こつこつ続けて変化が見えたらご報告させていただきたいと思います。


一応、お断りしておくと、「性欲と向き合う」ことと、「性欲に飲まれる」ことは全く別の状態ですので、オナ禁やめた。と言っても実際の状態はほぼ変わらないと思います。どちらかというメンタルの姿勢を変える感じですね。


そんな感じなので、一般的なオナ禁記事とはちょっと違った趣になっていくと思います。


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。