たんぽぽの自己啓発的日常

日常であったこと、感じたことについて、人生のヒントになりそうなことを綴っていくブログです

みかたの問題

どうもこんばんは。たんぽぽです


〇親子の関係
唐突ですが、私の母はお節介やきでして色々と世話を焼いてくれます。が、こちらが必要ないと思っていることまで気を回すので、私がそれにイライラした態度をとって喧嘩になることがよくあります。


昨日も、私が不愉快を示す態度をとったため、母が「こっちは善意でやってるのになんなの!」と怒ってしまいました。


で、私は「こっちが要求もしてないことを押し付けて何が善意だ。アホか」といつものように憤慨していたのですが・・・


〇相手の善意 という視点に立つ
ふと、こっちの要求を汲んでいない、一方通行な行為だったとしても、善意は善意には違いないのかもしれん。と思い至りまして。その視点を手に入れると、そんなに怒る必要もないかもなぁ、という感覚になってきました。


怒っているときは、基本的に自己防衛モードなので相手を敵だとみなしています。ここで、相手が味方だという認識になれば、おのずと怒りも静まっていくのでしょう(怒る理由がなくなりますので)。


こういう変化がおきた原因はいくつか思い至りますが、ちょっと整理ができていないので、今日は備忘録的な記事だけにさせていただきますね。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・相手を「敵」だと考えたり、「攻撃されている」と認識するのは自分である
・これを体感として理解できると、たいへん自由になる

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

きのこ汁をつくってみる

どうもこんばんは。たんぽぽです


〇キノコきたる
母が珍しく旅行に出かけたので数日家に一人でいたのですが、ご近所さんからキノコをもらってしまいました。賞味期限が分からないので、昨日は人生で初めてきのこ汁をつくってみました。

 

f:id:tanpopo2016:20190424193455j:plain

キノコinなべ


とりあえず煮れば食べられるだろう的発想です。エノキと・・・これは大きめのマイタケですかね??


この鍋、アサヒ軽金属で出している「天使のなべ」とかいうちょっといいやつらしいんですが、ホタル火でないと鍋が傷んでしまうとかなんとか。なのでストップウォッチを見つつ、なんかアクっぽいのが出てくるまで12分ほど。味を見つつ醤油とぽたぽたして出来上がり。

 

f:id:tanpopo2016:20190424193617j:plain

お醤油をいくらか加える


かなり薄味でしたが、けっこうおいしいです。きのこの旨味は水溶性。とネットで見ましたが、すごく旨味がつよいのでしょう。こんな料理っぽい何かでも食べられる味になるとは。


〇おそるべき経験値
とまあ、きのこを煮て、お醤油を垂らした。という、言葉にするとそれだけの体験なのですが、私個人としては結構衝撃的な体験でした。試行錯誤しつつ、何かをやりとげる。しかも、それが全然やったことがないことだと、なんといいますが、入ってくる経験値というか、体験の質がすごく大きいのです。自分ひとりでやった、というのも楽しさと納得の一要素かもしれません。


RPGで言うと、経験値がバーッと入ってきてレベルがピロピロピロン!と上がる感じです。本を読んだり講義を聴いたりとかではなく、本来、学習というのはこういうことを言うのだろう、と納得すると同時に、「俺はまだまだ成長できる!」という生きる希望のようなものを得ることができました(笑)


毎回うまくいくとは限りませんが、なんでも一度は試してみるものですね。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・「やったことがないこと」はとりあえずやってみると色々見えることがある
学習の本質は「体験」「体感」にあるっぽい

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

現状の停滞感と、これからやろうとすること

どうもこんばんは。たんぽぽです


今回はややネガティブでまとまりがないです。申し訳ありません。
ただ、これからは正直にこういう記事も書いていくと思います。


〇2019年近況
会社を辞めてからじきに7年になりそうな気配
まさかこんなに長くプータローじみた人生を送ることになろうとは・・・


焦りと停滞感から人生を変えようとする本気度が高まりはするのですが、それに合わせて心理的抵抗も大きくなり、浮き沈みを繰り返しています。これまでは巧妙に隠していた絶望感も浮かび上がってくるようになって、体験したことのない落ち込みかたをしたり。


〇内的批判に気づきたい
そんな現状を見ていると、自分に対して「甘い、甘すぎる」という批判の声が聞こえてきます。一見叱咤激励のようで、『正しい意見』に聞こえるのですが、実は批判だけで激励(応援)成分がないんですよね。


このテの思考は苦痛が増して、現実逃避を助長するだけだということに、いい加減気づきたいところです。


〇成長しているところ
上のように書いたものの、ここ3年くらいで自分を俯瞰する基礎力は相当に上がっています。こんな精神状況になったら回復するのに1か月はかかったところを1日~数日で建て直せますし、ここ最近はネガティブな自分をそのまま受け入れるというのがなんとかできるようになってきました。こういうどよ~んとした記事も書けるようになりましたし


〇勇気を出して、色々やってみたい
ずっと以前から薄々気づいていたことではありますが、私が延々悩みのループを繰り返しているのは、行動しない(できない)からだと思います。


何かを学んでも、それを実地で試す時間(体験)が少なすぎると、自らの体験、自らの血肉とならず、確証、確信、納得、自信といった感覚が得られないようです。そのため、時間だけが過ぎる焦りからだんだん身動きが取れなくなっていきました。


私は「自然」という言葉が好きです。たぶん、自然体で何かができる、そういった人に憧れています。でも、多分私が思い描くそのイメージは、悪くいうとうわべだけのもので。上手に何かをこなす人も、本人から見れば、必死に頑張ったり、それなりに勇気を奮って行動しているのだと思います。


いい加減苦しみを抱えて、停滞を感じ続ける人生はイヤになので、もう少しだけ勇気を出して色々試していきたいです。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・まだずいぶん自己評価が低いみたい
・考えたり、悩んだりする時間を減らして、おおざっぱでも「何かする」時間を増やしてみようと思う

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

夢の中で聞こえた声

どうもこんばんは。たんぽぽです


ブログ更新を再び習慣化すべく、本日もキーボードをたたいております。


〇ソシャゲをやめて
昨日の記事に書きました通り、普通にソシャゲをやめられています。特定の時間を拘束されないというのは素晴らしい!娯楽のためのゲームなのに「拘束される」という表現が出てくるあたり、既に本末転倒な感がありますね(笑)


しかし、今日は空いた時間にぼーっとしてしまって、無気力になってしまいました。脳が「この時間ゲームするはずだよなー。何すんだっけー」みたいに命令待機状態みたいになってるんでしょうね。ここは意識的にやることを決める必要がありそう。


〇夢の中にて
さて、皆さんは夢を見ますか?より正確には、起きたときに見た夢を覚えているほうでしょうか?とお聞きするべきでしょうか。


見た夢を起きた後に記録していく行為を「夢日記」、といいますが、これを継続すると、見た夢を思い出しやすくなるという効果があります。時期によって頻度がまちまちですが、今年はわりとコンスタントに夢日記をつけているので、意外と寝起きに夢を覚えています。


今朝はちょっと面白い夢をみたのでご紹介を


中ぐらいの会議室で講義のようなものをうけています。モニターには6つのガスコンロが表示されていて、それぞれが違う形。噴き上げる炎もだいぶ違った形をしていました。どういう趣旨の講義なのかも定かではありませんが(夢なので)、私は


「毎時のガス使用量や、その他の規格、製造コストなどが分からなければ、比較は無意味ではないか?」


と、発言します。すると、どこからともなく


「その通り、君はそのように(考えるように)訓練されてきたから」


という言葉が聞こえてきました。


〇思考、判断のフレーム
その後、頭の中に断片的に情報が入ってきます。この情報は感覚的なもので、それを自分で理解できるように、言葉とイメージ、概念に翻訳していきます。


その中で気がついたのですが、私には「物事は定量的に、数値によって評価される必要があり、それが為されないという事態は怠慢であり、無価値なことである。」という、無意識の思考があったようです。


何年か前に流行ったヘタリアという国家擬人化漫画があるのですが、その中のキャラ、”ドイツ”のセリフに『意見したい奴は明確なデータを最初に呈示しろ!話はそれからだ!』というのがありまして、まさにそんな感じですね。


私は工学部出身なので、そこで叩きこまれた考え方かもなのしれません。しかし、私は結構面倒くさがり、かつ感覚的な部分も強いので、自分ではこれを実行しない(できない)でいたんですよね。そのせいで卒論のときはしんどい思いをしました。


そうした葛藤もあってこの思考がより無意識に押し込められていたのでしょう。これに気づいたことで、仕事がちょっとはかどりそうです。


〇原因の考察など
私の夢は基本的にイメージがぼんやりしていて、かつ無音なので、今回のは珍しいタイプの夢でした。昨日ソシャゲをやめたことによる自己肯定感とか、ブログを書いたことによる満足感とか、夢見に影響してそうですね。今日は満月なのでそのあたりの影響もあるかもしれません。


いつも革新的な効果があるとは言い切れませんが、気長に夢日記をつけていると、こういういいこともあったりするようです。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・改善に成功すると、夢見も良くなる??
・月の満ち欠けと夢見には関係があるかもしれない(NEW!)

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

やっとソシャゲをやめられた話

どうもこんばんは。たんぽぽです


前回の記事投稿からもう一週間経ってますね。いやー、怖ろしい。習慣化していないとこんなペースになってしまいます。


こんな更新のないブログを(なぜか)見に来てくださる皆様。あまつさえ星までつけていってくださる方々、本当に感謝しております。対面的な文言ではなく、本当にありがたく感じています。


〇初めてのソシャゲ(やめられない)
さて、最近の私の困りごとはソシャゲをやめられない、ということでした。実際のタイトルは伏せておきます。そういうブログでもないですからね(笑)


2か月少し前にたまたま始めてしまったスマホ用ソシャゲにはまり込んでしまい、猛烈に時間を奪われる結果となっていました。私はスマホを持っていないし、PCに慣れているので小さい画面でやるスマホゲーには微塵も興味がなかったのですが、ブラウザの端にしょっちゅう広告がでてくるものをクリックしてしまい、もの珍しさの刺激からか取り込まれてしまいました。


刷り込み的な現象でしょうか・・・


元々、PC用のブラウザゲームを2つ掛け持ちしてしている(この時点で結構問題がある説も・・・。ちなみに片方は艦これです。一度引退したのですが、半年ほどで復帰しました)のですが、これが3つになると時間が猛烈に奪われるわ、意識のエネルギーが分散するわで、ひどいことになります。2年前にも一度同じことがあったのですが、学習が足りなかったようです。


ブロントさん風に言うと「ソシャゲを三つ同時進行すると頭がおかしくなって死ぬ」といったところ。実際にときどき瞬間的にヌワーッってなります・・・

 

dic.nicovideo.jp


〇一日はきっちり24時間だぞ
そんな状況で新しい生活パターンを始めようとしても、気力体力、そして圧倒的な時間の不足でうまくいくはずもなく、昨日は夜になって「俺の人生おかしいだろふざけんな!」と爆発してしまいました。傍から見るとただのアホなのですが、本人は真面目なのが困ったところです。人生の問題というのは多かれ少なかれそういう側面があるのかもしれません。


その不満爆発のおかげでスマホゲーをやめることができ、だいぶポジティブになったので、ブログを書いております。


ちなみに、そのスマホゲーは、12時と19時にボーナスタイムみたいなのがあったんですよね。私がブログを書く時間と被っていたことも良くなかったです。


その他のも、1日のプレイ時間に対してボーナスがついたり、1時間間隔で更新されるチャレンジがあったり、PC用のブラウザゲームに比べると、スマホゲーはプレイヤーをログインさせ続けるための工夫が容赦なく、かなりえげつない感じがしますね。


まあ、2か月で辞められてよかったです。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
スマホゲーは中毒性が高いので、耐性が低いひとはやめといたほうが良さげ

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

リハビリと怖れ

どうもこんばんは。ご無沙汰しております


〇リハビリ記事と恐怖
しばらくブログを書く気力を失っていました。
春になって暖かくなったきたためか、多少やる気が回復してきたので、リハビリ用の投稿です。


特にまとまりのない内容であることを、とりあえず詫び申し上げます


いやー、ちょっと書くだけなのに大変な抵抗を感じますね。「ブログを書かない」習慣がついたということもあるのかもしれませんが、正直なところ、自分のブログに読まれる価値があるのか、という怖れを感じます


同時に、こういったネガティブなことを綴ること自体への怖れも。


逆に言うと、その怖れに負けず、逃げず、あえて記事を投稿するというのは勇気を使う行為なので実は挑戦的でポジティブなこと、とも言えるでしょう(我ながら)。


〇(自分の考える)ネガティブを認める
いつぞや、自分の娯楽への欲求や、性的な欲求をぶちまけた記事を書いたことがあり、その後、自分の中で何かが吹っ切れた。という体験がありました。


自分の中で「悪」「闇」「ネガティブ」「恥」などと考えてしまうと、そのぶんの感情エネルギーが抑圧されてしまい、自分の半分を殺して生きているような状態になります。なので、そこを肯定することができると重しが外れて、とても心が、そして人生が自由になっていきます。


つまり、今の私は「怖れ」を認める必要があるのかもしれません。


暖かくなって体の緊張もほぐれてきますし、新元号もきたことなので、またいろいろやってみたいと思います。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・けっこうつらいけど、怖れもみとめよう

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

慢心の防ぎ方

どうもお久しぶりです。お元気でしたでしょうか

 

〇慢心について考える
慢心すると、自分が何をしているのかを把握できなくなり、どうしてうまくいっていたのかを忘れ、何かを雑に扱ってもうまくいくかのように錯覚してしまう。


慢心の大きな原因の一つは「とにかく楽をしてエネルギー消費を抑えたい」という肉体的本能であるので、これを根絶するのは難しいと思われる。なので、相応のトレーニングを積むまでは、(実際にはその後こそが大事だったりするが)「人間は慢心するものだ」という前提のもとで行動するのが良いだろう。


そこで、慢心を防ぐ(最小化する)ための考え方というか、プロセスとしては、「慢心してはならない」という言葉を、それこそ漫然と使うのではなく、自分がいつ慢心しているのか。どのように慢心しているのかに気づく。把握することが第一に必要となる。


〇慢心する大まかな流れ
個人的な経験から慢心に至る思考を追っていくと
(1)何かがうまくいく
(2)嬉しい(快感)
(3)また快感を味わいたいと思う
(4)しかし、快感を味わうためのプロセスを面倒に感じる
 (先に述べた肉体的本能が一因)
(5)必要なプロセス、集中力、工夫を省いて行動する
 (自分では薄々そのことに気づいているが、表面上気づかないふりをする)
(6)当然失敗する


といった流れ。実際に慢心といった場合、(4)~(6)あたりのことを指すのだと思う。


平静であれば(5)において必ず生じる”違和感”に気づいて軌道修正できるはずなのだが、その時々の体調、環境、慣れなどによって、気づきが弱く行動に反映できない場合があり、残念な結果を招くことになる。


〇慢心しては『ダメ』と言う言葉は落とし穴にもなる
心の痛みに強い人(鈍感ともいう 悪い意味ではない)の場合、「慢心してはダメ」の言葉で軌道修正が容易であるが、心の痛みに弱い人(敏感な方 悪い意味でも良い意味でもない)の場合「慢心してはダメ」の言葉で萎縮し、かえって慢心した自分を隠してしまうパターンが発生する。


(慢心したらダメなので、慢心したという事実認識そのものを無意識に隠してしまい、結果、自分の慢心に気づいているのに慢心の状態から抜け出せないという泥沼に嵌る。)


なので、繰り返しになるが、「人間は慢心するものだ」という前提のもとで、自分が慢心しているかどうかを定期的にチェックするのが、ひとつの健康的な方法だと思われる。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


自分用まとめ:
・慢心チェック
・自分に厳しくするにしても、「厳しく厳しくする」やり方と、「やさしく厳しくする」やり方がある

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村